立ち退き料と相場について

前回までは正当事由に関するお話をしてきましたが、いよいよ今回からは「立ち退き料」についてのお話です。

立ち退き料の内容は4つの補償

立ち退き料は、正当事由として認められないオーナー側の立ち退き要求を、円満に立ち退きを成立させるために支払われるお金です。立ち退き料の内容には4つの補償が含まれています。

1.引っ越しの費用の補償

とと炉の場合ですと、次のお店への引っ越しの費用と、敷金や礼金や保証金、そして引越後の物件が引越し前の物件の家賃よりも高くなる場合、その差額ということになります。

2.売上などの補償

とと炉の場合では、お店が移転することでお客様が少なくなってしまった場合の売上の補償や、引っ越しや改装でお店が営業できないことの休業補償などがあります。

3.利用権の補償

ちょっと難しい言葉ですが、立ち退くことで、その場所の利用ができなくなったことへの補償ということです。

4.早期解決の補償

立ち退きが話し合いだけで解決すれば良いのですが、中には裁判となるケースもあります。そのため、裁判にかかる時間やお金や気苦労の代わりに、立ち退き料を支払うことで早期解決への補償とするものです。

立ち退き料の相場とは?

立ち退き料の相場というのは、実際にはありません。なんとなくこのくらいの金額というのがあるのかと思っていたので、このことを聞いた時には肩透かしを食った気分でした。

ただし、立ち退き料のおおまかな決め方というのはあるようで、オーナーと店子それぞれの事情や、物件のあるエリアの借家権価格、または過去の似たような判例を参考にした上で、最後はオーナーと店子の話し合いということでした。

事情については、年齢や資産や職業、健康状態や経済状態、家族関係や利用目的、契約や建物の築年数などが考慮されるそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です